.

クレカの上限があなたが日常使用するより多めに設定していると使用者は大丈夫だと勘違いし考えることなくクレジットカードを使ってしまったりするようです。そういったクレカへの過度の依存を避けるためクレジットカードの上限額をあらかじめ低めに申し込んでおこう・・・というのがこれから申し上げる記事の主旨となります。月ごとの限度額を減らす方法◇月の利用限度額を減らしておくとは、月の限度額を多めに設定することと大差なくとても便利です。クレジットカードの裏面に書かれている番号に電話をかけて「限度額を減らしていただけませんか」というふうにセンターの人には申請するだけです。普通ならば今現在の月の利用限度額と比較して下であれば調査もなく容易に限度額の変更が可能となります。月ごとの限度額を引き下げるのはお金を守ることとも繋がる:クレカの上限のコントロールは、自己抑制という良いこと以外に防犯対策にもなります。もし、ユーザーのクレジットカードが盗られて知らない間に使用されてしまったような状況でも手持ちのカードの月ごとの限度額をきつくしておくようにすれば危険を可能な限り最小限にするようにできるからなのです。覚えておいてほしいのは、万が一クレカが乱用されてしまった問題が発生してもクレジットカードのユーザーに過失がないなら盗難保険として知られているカード保険があなたを保護してくれることになるから心配はないのですけれど、万が一のことを想定して、多めのカード上限額は減らしておくと効果があるでしょう。不必要な上限設定は良いとは言えないこととしか言えないでしょう。